忍者ブログ
仮面ライダー!萌えますね!   クウガ・響・アギト・・・いぁ~燃えますね!
2019/08∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 ≫ ランキング
■仮面ライダーDVDランキング
  1-10位11-20位
 21-30位31-40位
 41-50位51-60位
 61-70位71-80位
 81-90位91-100位

 ≫ 最新CM
 ≫ プロフィール
HN:
総一郎
性別:
非公開
 ≫ バーコード
 ≫ ブログ内検索
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仮面ライダー〈Vol.2〉希望1972仮面ライダー〈Vol.2〉希望1972
石ノ森 章太郎 /和智 正喜
講談社 刊
発売日 2003-05
オススメ度:★★★★




第3巻は出るのか? 2005-03-06
第1巻が面白かったので、早速買いました。前回同様、臨場感ある描写、丁寧な人物つくりと、満足できるものです。ただ、今回は?登場人物が増えた分だけ、「ショッカーと本郷猛の戦い」色が薄くなった、?また今回もショッカーの実体は明らかにならなかった点が消化不良です。第3巻は出るのでしょうか?


さらに詳しい情報はコチラ≫


仮面ライダーファイズ正伝―異形の花々仮面ライダーファイズ正伝―異形の花々
井上 敏樹
講談社 刊
発売日 2004-08
オススメ度:★★★★




なるほど… 2004-11-20
本当はこういう物語が書きたかったのか、と納得させられた。
たしかにこれはテレビでは、
まして一応子供向きという名目の特撮もので描けないだろう。
鬱な真理、妄想気味の草加など、
キャラクターの心の闇がより深く描かれている。
巧みがアレになったワケなど、付加的エピソードも注目です。
ハード路線と心して読むべし。


さらに詳しい情報はコチラ≫


仮面ライダーSPIRITS 6 (6)仮面ライダーSPIRITS 6 (6)
石ノ森 章太郎
講談社 刊
発売日 2004-05-07
オススメ度:★★★★★




仮面ライダー・ゼクロスは本当にカッコイイです!! 2004-12-26
仮面ライダーは本当に大好きな作品です。仮面ライダーではV3・ライダーマン・アマゾンの3ライダーが超お気に入りです。あと、モグラ獣人もキュートですね・・・。モグラ獣人好きな自分としては『仮面ライダーSPIRITS』本編に脇キャラで出演して欲しいです。あと、Blackもお気に入りのライダーなんで、漫画に登場したらいいなぁ〜〜。最近のTV版では『仮面ライダー・アギト』のアナザー・アギトが一番だったりします・・・。『サイボーグ009』の「天使編」を元ネタ(?)にした佳作でした。コミックス派の自分は掲載誌は立ち読みするだけです、ハハハ・・・。


さらに詳しい情報はコチラ≫


仮面ライダーSPIRITS 7 (7)仮面ライダーSPIRITS 7 (7)
石ノ森 章太郎
講談社 刊
発売日 2005-02-23
オススメ度:★★★★




仮面ライダーフリーク必読!! 2005-06-16
仮面ライダーSPIRITS全巻、揃えてマス!初めて1巻を読んだ時からシビレっぱなしです〜!特撮の仮面ライダーが好きな人なら超ハマりまくる事うけあいナノデス★10号ライダーにあたるZXの話は、ほぼオリジナルな設定で進んでいるのですが、雑誌やTVよりも更に昇華された形でZXのファンも増える事は間違いないでしょう!実写はパンチパーマの老け顔だったしね。昔からのライダー達もみなさま美形とかしております・・。しかし逆にそれもアリにさせてしまいます!だけど、やはり1巻から読んで一緒にトロけましょう!


さらに詳しい情報はコチラ≫


仮面ライダーSPIRITS 8 (8)仮面ライダーSPIRITS 8 (8)
石ノ森 章太郎
講談社 刊
発売日 2005-09-21
オススメ度:★★★★




「正義のDNA」が目覚める 2005-10-26
〜「JUDO」の人格が乗り移ってしまう前にZXを倒してしまえばいいぢゃねぇか。というストロンガーの「直情型単細胞」振りがオールドファンとしては嬉しい限り。V3のように「思い」があってというのではないのが、彼らしい。
そしてその激闘のなか、己の秘密を知り苦悩するZXに、「『仮面ライダー』として生きれば良い」と呼びかける本郷猛と「とりあえずそれでも〜〜いいんぢゃないの?」という感じでZXを受け入れるスカイライダー。
実に巧く歴代ライダーのキャラクターが活かされ、そんな彼らに支えられながら己の活路を切り開こうとするZXの姿は、まさに「仮面ライダー」です。同時にもともと(TVシリーズで)これだけキチンと描き分けられてたのだなと、今更ながら感銘を覚えますね(だからこそ、いまでも各人がそれぞれ〜〜のライダーに思い入れができるのでしょう)。「石ノ森ヒーロー」の「お家芸」ともいえますが(「戦隊モノ」や「009」も然り)。物語は「JUDOに相対する存在」が出現するなど、やや難解になりつつある一方、ありがちな「太古から続く『善』と『悪』の闘い」的な展開を見せる要素が気にかかります。11月には劇場版「仮面ライダー THE〜〜 FIRST」の公開を控え、私たちが忘れかけていた「正義のDNA」が目覚めるか?!〜


さらに詳しい情報はコチラ≫


忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 仮面ライダー2006  RANKING ] All Rights Reserved.
http://rider77.blog.shinobi.jp/